壁と同じように屋根のメンテナンスも必須になります。屋根は外壁以上に風雨を受けるので傷つきやすくなる所ですが、そうめったには見えない部位ですし、傷みを危惧する人も長生郡長南町では多くはありません。劣化が進むと、家の内部に水分がしみこんで腐食等を引き起こす場合もありますので、何年かごとの管理も不可欠です。年数は外壁と同じようにだいたい七年前後より十年程度を目途に屋根の塗装をしていくのが通常のやり方ですが、瓦ぶきの場合は塗り替えを行う必要はないです。

塗り替えについての見積もり書が出された時に確認する項目としては、重ね塗りの回数か挙げられます。長生郡長南町でも基本的に重ね塗りの回数というのは下塗り、中塗り、上塗りの3回やります。とはいえ、太陽光をうける側等、傷みが激しい壁というのは4回施すこともある一方、紫外線が当たらない場所は2回になることもあります。重ね塗りを何回施すかで塗料の量も代金も変わりますのできっちりチェックしておきましょう。見積り書については、重ね塗りを何回行うかを確認し、書かれていない際には聞いてみるようにしてください。うやむやな返答をしてくるような業者は避けた方が安全です。