家というものは出来た時点から古くなり始めていますので、常にメンテナンスをすることが山梨市でもポイントです。特に家の壁は絶えず紫外線にさらされながら、じわじわと劣化します。ほったらかしていると外壁がひび割れるなど、補修工事をしなくてはいけません。壁部分が劣化してしまうのをとめるためには一定期間での外壁塗装が必要です。壁の塗り替えというのは外見をかっこよくしておくのみでなく、外壁を強化してヒビ等から守るといった意味ももち、そのため修繕費等を払わなくてすみます。まだキレイなので不要というような事ではなく、家を守っていくために必要な整備です。

外壁のように屋根のメンテも大切になります。屋根というのは壁よりも雨風の影響を受けるので老朽化も早い部分ですが、そうめったには目に入らない箇所ですし、いたみを危惧している人も山梨市では多くはないです。老朽化すると家の中に雨が入ってきてカビ等が発生することもありますので、何年かごとの整備も大切です。期間は壁と同様に約七年くらいから10年前後で屋根の塗装をするのが一般的ですが、瓦は塗り替えを行う必要はないです。