外壁と同じように屋根のメンテも大切になります。屋根は外壁以上に紫外線にさらされるので老朽化も早い箇所ですが、めったなことでは目にすることはない場所ですし、劣化を気にかけている人も足守では多くありません。劣化すると内側に水分が入り腐食などを引き起こす場合もあるため、何年かごとの手入れが重要になります。年数としては壁と同じように約七年程度より10年前後を目安に塗装を行うというのが普通のやり方ですが、瓦ぶきの場合は塗り替えを施す必要はありません。

持ち家の外壁の塗り替えを行う時期は、家が完成してから、または前の壁の塗り替えから、普通は足守でもおよそ十年位になります。使っている塗装材などによってちがいますが、目安としてそのような感じになります。なかには、建築時に安い塗料を利用していたり、ハナから塗装材 を使ってない場合もあって、そういう時はすぐに壁部分が劣化するという事も多いです。外壁の塗り替えというのはひびなどを防ぐ意味を持ちますので、一定期間でやるようにしてください。