外壁の塗装のビラには10年間保障付きと書かれている業者も大沼郡三島町では多いようです。10年ならば大丈夫だと感じる人も多いと思いますが、確認しておきたいのはそれらの中身になります。だいたいのケースでは保障が効くのは外壁の所だけで外壁から塗装が剥がれてしまった場合だけ保障の対象となります。そうは言っても、外壁から塗装が剥がれ落ちてしまうといった事はそうそうないですし、外壁に比べて剥がれ落ちてしまいやすい木部やトタンなどといった部位は十年保障と認められず、長くて数年位というような保証の中身である事がほとんどです。

外壁につやがなくなってきたら外壁の塗装の時機だと思われます。見た目が変化してきているのは塗膜の外側が太陽光等により樹脂を壊されているという事です。一部だけ塗装が剥落してきているケースも同じになります。さらに傷つくと、壁部分を手で触れた時に塗料が手につきます。これを塗膜の白亜化と呼び、大沼郡三島町でもこのような感じになったら塗り替えの時期と思って大丈夫です。