壁部分に汚れが目立ってきたら外壁の塗装のタイミングになったと判断していいです。外観が変わっているということは、塗装材の外側が酸性雨などにより樹脂が離脱しているということです。一部だけ塗装材が落ちているケースも同じです。もっと老朽化が進むと外壁部分を手で触った際に塗装材が手についてくるようになります。このことを白亜化と言い、松永でもこのようになったら外壁の塗装の時期と判断していいです。

壁部分の表面に苔等が生じると見栄えがまずいだけにとどまらず、外壁が傷ついてきていると思って大丈夫です。カビやコケは湿気の多いところに生じやすく、防かびの効果が弱い塗装で施工されているときは早い年数で現れてきます。建物を建てる際は、費用を抑えるため塗装の質を落とすというようなケースも珍しくなく、そういったケースでは壁の素地の劣化も早くなります。もっと傷ついていくとヒビ等も起きて、松永でも修繕の費用が高額になりますので、早い段階で外壁の塗り替えをする事がポイントです。