建物の外壁に発生する問題としては、ひび割れやカビやコケなどがあります。ひび割れはというと乾燥や建物のひずみなどが起因して起きますが、大概の場合では修復可能です。かびはというとジメジメしている場所につきやすく、塗料のかびを予防する効き目が弱かったりすると生じます。切迫してどうにかするトラブルではありませんが美観も良くないですし、何もしないでおくと傷つき始めますので塗り替えを検討することも考えられます。塗膜が剥脱するといった事は上前津でもたくさんはないですが、多くの場合は塗装時の間違いによるものです。

家の外壁にはサイディング材と呼ばれる板上の壁材も上前津ではたびたび使用されます。サイディング材というのはケアの心配がいらないというようなイメージをもつ方も少なくありませんが、モルタルの壁の場合と同じように外壁の塗り替えは必要です。およそ十年程度で塗装を行えば、約30年前後は使用できますが、塗装をせずにいるとすぐにもヒビ割れなどの異常でつかえなくなります。サイディングだとしても表面は塗装によってまもられているという事は同じになります。