外壁塗装を施す時に入念にしたいのが壁色のチョイスになります。あらかじめ塗装材の見本で選ぶ形になるのですが、実際に塗られてみると思っていたものとちがう色に仕上がったという事が美濃赤坂でも珍しくありません。サンプルで見る色と壁全面に塗装された色ではフンイキは差が出てしまうことも少なくありません。周囲の建物の色彩との調和を意識することも必要です。通常は、鮮やかすぎる色だと年数の経過とともに汚れが目立つので、落ち着いた色を選ぶと無難です。

建物の外壁の型では、モルタル外壁とサイディングボードが美濃赤坂でも多く、他にはトタンや板等になります。モルタルの壁は、砂石とセメントなどを混ぜたモルタルを左官屋が壁につけて、そこに塗料を塗って作り上げるというような方法でサイディングが開発される以前は日本の家の多くをしめていました。最近の大半はサイディングボードを用いた壁になり、さきに工場などでつくられたサイディングという外壁材を貼り付けるように施工します。どちらも何年かおきの塗り替え作業は重要である点では変わりはありません。