外壁塗装のちらしには10年間保証しますと書かれている業者も小金井市では少なくないようです。十年もあればありがたいと思う方も多いですが、見ておきたいのがそれらの中身です。だいたいのケースでは保障の対象となるのは壁のところのみで、壁から塗装材が剥がれ落ちてしまった時のみ保障が効きます。とはいえ、外壁から塗料がとれてしまう事態はあまりありませんし、壁より剥がれ落ちやすいトタンなどの所は十年保証の対象とならず、長くて数年くらいというような保障の内容であるケースが大部分です。

外壁の塗り替えの見積もりをもらった時に点検する箇所としては重ね塗りの作業か挙げられます。小金井市でも通常は重ね塗りは3回施します。また、日光があたる南西の方角など、老朽化が多い部分は四回行うこともあり、劣化が少ない壁については二回になる事もあります。重ね塗りを何回施すかにより使用する塗料の量も料金も差が出ますのできちんとチェックしましょう。見積り書では、これらを何回施すかをチェックし、記載していない場合は質問するのがよいです。不明瞭な返答をしてくるようなところは回避するようにした方がよいです。