外壁部分の表層に苔等ができると見栄えが汚い以外にも、壁の素地がいたんできていると判断してください。カビ汚れはジトジトした部分に生じやすく、カビを防止する効果が弱い塗装を使用しているケースでは早期に発生します。新築の際は、必要経費を節約するために塗装の質を落とすということも珍しくなく、それらのケースでは塗料も傷つきやすくなります。もっと傷むとひび割れ等にもつながり、福岡市中央区でも修理費用は高くなりますから、早い段階で壁の塗り替えを行う事がポイントです。

家の外壁部分に汚れが目立つようになったら外壁の塗装の時機だと判断していいです。外観が衰えてきているのは、塗装材の外側が風雨などによって組織が離脱してしまっているということです。部分的に塗装材が剥脱してしまっているときも同じになります。さらに傷つくと外壁部分をふれた際に塗装材が付着します。この現象を塗料の白亜化と呼び、福岡市中央区でもこのような感じになったら外壁の塗装の時期と思われます。