家屋はできた瞬間から老朽化が始まっていますので、つねに手入れをしていくことが秋田市でも必要です。とりわけ外壁というのは毎日雨風をうけて、ゆるやかに痛んでいきます。その状態のまま放置しておくと壁部分が裂ける等、補修工事をすることになります。建物の壁部分の老朽化をとめるためには定期的な外壁塗装作業が必要です。壁の塗装は表向きをきれいに保持することはもちろん、外壁を強化してヒビ割れ等からガードする効果もあり、その結果として修復料金がいらなくなります。汚れが目立たないので不要ということでなく、建物を維持するのに大切なメンテナンスになります。

建物の外壁の分類はモルタル外壁やサイディング材というのが秋田市でも普通で、その他にはトタンや板ばりなどとなります。モルタル外壁というのは、セメントと砂石などを練り合わせたモルタルを左官屋が塗って、さらに塗装をして施工するというような工法で、サイディングボードが出てくる前は日本の家のほとんどをしめていました。この頃の大部分はサイディングボードを使用した壁で、先に加工場等にて製造されたサイディングと言われる壁材を貼る形で施工するものです。二タイプとも定期的な壁の塗装作業は必要である点では同様です。