外壁にツヤがなくなってきたら外壁の塗装の時機であると思っていいです。見栄えが変わってきているのは塗料の外層が雨風等により顔料を壊されてしまっているということになります。一部だけ塗装が落ちてきている時も同様です。もっといたむと壁部分を指でさわった時に塗装が手に付着するようになります。これらを塗料の白亜化と言い、赤磐市でもこうなったら外壁の塗装の時期と思って大丈夫です。

壁の塗装についての見積もりが出た時に見ておく項目としては、重ね塗りが考えられます。赤磐市でも一般的に重ね塗りの回数は上塗り、中塗り、下塗りの3回行います。日光をうける方角など、傷みが激しいところは四回行うこともあり、日光が当たらない場所は2回になることもあります。重ね塗りを何回やるかによって使う塗料の代金も変わってきますのでしっかり確認しておきましょう。見積もりでは、これらの回数を注視し、書いていない場合は質問をぶつけてみるようにして下さい。雑な受け答えをしてくるような業者は、回避するようにしたほうが賢いです。