壁には、サイディング材と呼ばれる壁も西東京市ではたびたび使用されます。サイディングボードならばメンテをしてなくても良いというイメージを抱く人も多いようですが、モルタル外壁の場合のように外壁の塗り替えは必須です。だいたい十年程度で塗り替えを行っていけば、およそ30年前後は使用できますが、塗装をしないままでいると早い段階でヒビ等といったトラブルにより利用できなくなってしまうこともあります。サイディング材でも外側は塗料により保持されていることは変わらないのです。

塗り替えについての見積り書をもらった時に見る箇所としては重ね塗りか挙げられます。西東京市でも基本的に重ね塗りの回数というのは上塗りと中塗りと下塗りの3回行います。とはいえ、紫外線が当たる方向など、劣化が厳しいところについては4回やる事もありますし、日射が当たらない壁は二回となる事も考えられます。重ね塗りを何回やるかにより使う塗装材の分量も費用もちがってきますのでしっかり見ておきましょう。見積もりでは、これらの回数を見て、書いていない時は伺ってみるようにしてください。あやふやな返答をしてくる業者は避けるようにした方が安全です。