壁部分が色あせてきたら、外壁塗装の時機だと判断してください。色がちがっているのは、塗膜の表層が風雨等により樹脂層を分解されてきているという事になります。塗装材が取れてしまっている場合も同様になります。より傷ついていくと、壁部分を指で触れたときに塗装が手に付着します。このことを塗装の白亜化といい、天王寺でもこうなったら壁の塗装の時機と考えられます。

壁のタイプではモルタルの壁、サイディングというのが天王寺でも多く使われ、それ以外には板張りなどとなります。モルタル外壁は、セメントや砂と水等を混ぜ合わせたモルタル材を職人さんが塗って、そこに塗料を塗って作り上げるという工法で、サイディング材が現れる以前は日本の家の大多数をしめていました。この頃の大半はサイディングボードの壁となり、さきに加工場等にて作成されたサイディング材という壁材を貼りこんでいく形で作っていきます。二つとも一定期間での外壁の塗装作業は必須であるということでは同様になります。