壁のタイプではモルタル外壁、サイディング材というのが和気郡和気町でもたくさん使われ、それら以外だとトタンや板等です。モルタルというのは、セメントと砂などを練り合わせて作ったモルタルを職人が塗り、さらに塗料を塗って作り上げるという方法でサイディング材が出てくる前はほとんどをしめていました。最近のほとんどはサイディングを用いた外壁になり、あらかじめ工場等でつくられたサイディング材という外壁材をくっつけていく形で施工していきます。いずれの壁も周期的な壁の塗り替えが必要であるということでは同じです。

塗り替えについての見積りをもらった時に確認しておく点として重ね塗りがあります。和気郡和気町でも基本的には重ね塗りの回数は三回やります。太陽光を受ける南西など、劣化が酷い部分については4回やることもある一方、日射が当たらない壁については2回になることも考えられます。重ね塗りを何回施すかにより使う塗料の分量も代金も差が出ますのできっちりと気をつけましょう。見積もりでは、重ね塗りを何回行うかに気をつけ、省かれている際には伺ってみるのがよいです。あやふやな返答をしてくる感じのところは別の業者にした方がよいです。