外壁が汚れてきたら、外壁の塗り替えの時期になったと判断できます。見た目が劣化してきているということは塗装材の表面が太陽光等で樹脂を破壊されてしまっているという事になります。塗装材が剥がれている場合も同様になります。もっと劣化すると外壁を手でふれた時に塗料が手についてくるようになります。これを塗膜の白亜化と称し、宇部市でもこのような感じになったら壁の塗装の時期と考えていいです。

外壁の塗り替え会社は訪問営業が少なくないといった感じが宇部市でも広まっています。ポスティング広告を撒いてくることもありますが、外壁の塗装をさせてもらいますというように突然おとずれる場合も少なくないです。どういうわけで直接営業をしてくるのでしょう。その理由は建物の外壁が外からむき出しだからです。営業担当者は、住宅地を彷徨い、一軒ずつ家の壁を確認していき、外壁部分が劣化している住まいを選択してやってくるのです。手当たり次第にたずねてくるのではなく、壁の塗装をしたほうがよい家を選んでたずねてくるのですが、場合によっては、しつこい訪問営業を行っているような会社もあるため注意しましょう。