豊中市でも外壁の塗装には外観を美しく保つ狙い以外にも、そもそもは建築物を防水して保持するというのが役割りです。外壁というのは塗装で覆い隠すことにより守られているのですが、時間が経つにつれいたみ、割れてきたりしてしまいます。そのような状態になってくると建物を守っていくことができなくなり、下地などの住居の中までいたんでいくケースもあります。壁が老朽化してから塗り替えをするということではどうしようもないですから、そうした事態を免れるために早めの塗り替えは大切です。正しくメンテをすることにより住居を守ることができます。

壁と同じように屋根の手入れも大事です。屋根というのは壁以上に日差しの影響を受けるのできずつきやすくなる場所なのですが、あまり目にすることはない場所ですし、老朽化に敏感な方も豊中市ではわずかです。劣化すると、家の内部に水分が入り腐敗等がおきる時もあるので、周期的な整備が必要です。期間は外壁のように7,8年前後より10年程度を目安に塗り替えをするというのが原則ですが、瓦の場合は塗り替えを行う必要はありません。