家の壁の形態は、モルタル外壁とサイディングボードが酒田市でも通常で、他だとトタンや板等があります。モルタル外壁というのは、セメントや砂等を混ぜたモルタル材を職人が壁に塗りつけて、そこに塗装材を塗って完成させるというようなやり方で、サイディングがでてくる前は日本家屋の大部分をしめていました。現在の主流はサイディングボードを使用した壁ですが、先立って加工場等で作られたサイディングと言われる壁材を貼り付けるように施工するものです。どちらの壁も定期的な塗り替え作業は必要であるということでは違いはありません。

外壁と同じように屋根の整備も不可欠です。屋根というのは外壁以上に雨風を受けるので傷みやすい箇所ですが、いつもは見ない部位ですし、いたみを危惧している方も酒田市では多くはないです。老朽化が進むと、家の中に雨がしみこみ腐食などの要因になるケースもあるので、何年かごとの手入れも不可欠になります。年数はというと壁と同様におよそ7,8年程度より10年程度にて塗り替えを行うというのが通例ですが、瓦は塗り替えはしなくてもOKです。