壁につやがなくなってきたら外壁の塗装の時期が来ていると判断していいです。外観が劣化しているという事は、塗料が酸性雨などの影響で組織を壊されているということになります。部分的に塗装が剥脱してきている場合も同様になります。もっと傷んでいくと、外壁をタッチした時に塗料がつきます。これを塗装の白亜化と言い、学芸大学でもこの現象が起きたら壁の塗装の時期とされます。

家の外壁の塗装の時機は、建物が完成してから、もしくは前回の外壁塗装から、普通、学芸大学でも約十年前後です。気象条件等で違いますが、だいたいそのような感じになります。なかには、新築の際に安価な塗装材 を使用していたり、もとより塗装材 さえもつかっていないようなこともあって、そのときには数年で壁が傷つき始めるといった事も珍しくありません。壁の塗装というのはひび割れなどから守るというような効果をもちますので定期的にするようにしてください。