外壁と同じく屋根のケアも不可欠になります。屋根というのは壁と比較しても紫外線を受けますので傷みやすい所なのですが、そうそう目にしないところですし、痛みを気にする方も三次市では多くないです。古くなると、内側に雨水が入ってきてカビなどの原因になるケースもありますので、一定期間での手入れが大切です。サイクルとしては外壁と同じように約七年程度から十年位にて塗り替えを施すのが通例ですが、日本瓦は塗り替えを施す必要はないです。

壁部分にカビ汚れなどが生じると外観が良くない以外にも、塗料が傷んでいると判断してください。かび汚れは湿度の高いところに生じやすく、防かび剤の効力が低い塗料で塗られているケースではすぐにもできてきます。家を建てる際は、必要経費を節約するために塗装にお金をかけられないというような場合も多数あり、それらのときには壁の素地もいたみやすくなります。よりいたむとひびなども発生し、三次市でも修理にかかる料金は高くなってきますので、早い段階で外壁の塗り替えを施すことが重要です。