外壁と同様に屋根の管理についても必要になります。屋根というのは外壁以上に日光にさらされますので老朽化も早い部位ですが、めったなことでは目に入らない場所ですし、劣化を心配する人も千駄ケ谷ではわずかです。傷んでいくと内部に水が入ってきて腐敗などがおきてくる場合もあるので、一定期間でのメンテが必須になります。年数としては壁と同じくだいたい七、八年位より10年前後で屋根の塗装をしていくのが通常ですが、瓦は塗り替えをする必要はありません。

建築物というのはできたときから老朽化が始まっているので、常に補修をしていくことが千駄ケ谷でも重要です。特に家の壁というのは絶えず日光の影響を受けながら、じわじわと劣化していきます。そのまま放っておくと外壁部分にひびが入るなど、修復工事を要することになります。壁が劣化するのを防止するには外壁塗装が大切です。外壁の塗装というのは見かけをかっこよく保持することに限らず、壁部分を補強してひびなどから守るという意味も持ち、その結果として修理にかかる費用が発生しなくなります。まだキレイなのでしなくて良いという事ではなく、住居を維持するために欠かせない手入れになります。