外壁の塗装会社は飛び込み営業をしてくるといった感じが台東区でも一般的です。ポスティング広告ビラをいれてくるのはもちろん、外壁の塗り替えをさせてもらいますというように急に現れるケースも多いです。何故訪問営業ばかりするのかというと、その理由は家の壁部分が道路から丸見えだからです。セールス担当者は住宅街をさまよい、それぞれの家の壁部分を吟味していって、外壁が古くなっている所を探して営業してくるのです。順番に回って営業してくるのではなく、外壁の塗り替えをしたほうがよいところを選んでセールスしてくるのですが、中には、執拗な訪問営業を行うところもあるので注意しなくてはなりません。

外壁の塗装の見積もり書が出たときに確認する項目としては、重ね塗りの回数か挙げられます。台東区でも通常は重ね塗りは上塗りと中塗り、下塗りの3回行います。日差しがあたる側など、劣化が大きい壁は4回施工することもありますし、痛みが少ない壁については2回となる事も考えられます。重ね塗りを何回するかにより使う塗料の分量も金額も変わってきますのでしっかり見ておきましょう。見積り書については、これらを何回するかをチェックし、書いていない時は聞くようにしましょう。雑な応対をしてくる感じのところは、別のところにした方がよいです。