塗り替え業者というのは飛び込み営業が多いというような印象が世田谷区でも持たれています。ポスティング広告を入れてくる以外にも、外壁の塗装をしてくださいといったように突然玄関先に来ることも多いと思います。どうして訪問営業をしてくるのでしょう。そのわけは壁が道からむき出しだからです。業者の担当者は、道路を彷徨い、おのおのの建物の外壁部分を調べていき、壁が古くなっているところを見つけたら営業してくるというわけです。闇雲にあらわれるというわけではなく、外壁塗装をすべきな家を選んでやってくるのですが、なかには、やっかいな訪問営業を行うところもあるため注意を払わなくてはなりません。

外壁の外層にコケ等が生じると見栄えがまずいだけにとどまらず、塗料が老朽化していると判断できます。コケは太陽が当たらない部分に生じやすく、防カビの効力が弱い塗料にて施工されているケースでは早期に現れてきます。建築のときには、諸費用を削るため塗装材にお金をかけられないといった事もあり、そういった時には塗膜も傷つきやすくなります。より傷ついていくとヒビ割れなどもおきて、世田谷区でも修理にかかる料金は高めになりますので、早めに塗り替えをすることが大切です。