壁と同じく屋根の管理についても必要です。屋根というのは外壁と比べても雨風を受けるので劣化も早い所なのですが、ふだんは目にしない箇所ですし、痛みを危惧している人も東彼杵郡川棚町では多くないです。老朽化が進むと、家の内側に水分が染みこみカビなどが発生してくる事もありますため、何年かおきの手入れも必須になります。時期としては壁と同じようにだいたい7年位から十年くらいを目途に塗装を行うのが通例ですが、瓦は塗り替えを行う必要はないです。

外壁の塗装を個人でやってみることができないかと思う方もいらっしゃいますが、推奨はできません。やったことがある人なら、可能であるかもしれないですが、壁の色をつけるだけだから自力でもできるという程度の知識の場合は、業者に頼んだ方が安心です。外壁塗装には家を守るという大事な意味も含みます。下地処理でこれまでの塗装材の塗膜を取って、重ね塗り作業をして完成させるというような作業は、どうしても専門家でないとむずかしいです。東彼杵郡川棚町でも塗装材の代金は高価ですし、見た目も変になるという危険性もでてきます。