建物の壁には、サイディングと呼ばれるボード状の外壁材も狭山市では多く利用されます。サイディングボードは手入れが必要ないという印象を持つ人も多数いるようですが、モルタル外壁の場合と同じように外壁の塗装は重要です。だいたい10年くらいで塗装をしていけば、だいたい三十年前後は大丈夫ですが、塗り替えをしないでいると早い年数でクラックなどといった問題により利用できなくなってしまうこともあります。サイディング材だとしても表は塗装材により守っていることは同じになります。

塗り替えをするときに念入りにしたいのが色の決定になります。前もって塗装材のサンプルで決めていく形になるのですが、実際に塗装されるとイメージとちがう色にでき上がったということが狭山市でもよくあります。サンプルで見る色の雰囲気と壁一面に塗られたものではフンイキは差が出ることも少なくありません。近所の家の色彩との釣り合いを意識する事もポイントになります。一般的には、カラフルな色彩の場合は時間の経過とともに色の減衰が目立つので、落ち着いた色彩を選択すると間違いが少ないです。