壁と同様に屋根の整備についても不可欠になります。屋根というのは外壁以上に風雨にさらされるので老朽化も早い部位ですが、そうそう見えない箇所ですし、いたみに気づいている方も岩見沢市では少ないです。老朽化すると内側に水が入ってきて腐敗等が発生するときもありますため、一定期間でのメンテナンスが大事になります。サイクルはというと壁と同様に約7年くらいから10年くらいを目途に塗り替えをするというのが通常ですが、日本瓦は塗り替えはしなくてもOKです。

岩見沢市でも外壁の塗装には見栄えをキレイに保持するといった狙いもあるのですが、本来は住居を耐水して維持することが役割りとなります。壁の素地は塗装の皮膜にて覆い隠すことによってまもられているのですが、時間が経つと傷つき、ひび割れが起きたりしてしまいます。そんな風になると建造物をガードする事が難しくなって、壁板等の建造物の構造まで波及する場合もあります。外壁が傷ついてから外壁の塗装を行うということでは後の祭りなので、そのような事態を免れるためにも一定期間での壁の塗装作業が欠かせません。きっちりメンテを行っていくことにより家屋の資産価値も保てるのです。