壁のタイプではモルタルの壁やサイディングというのが幌泉郡えりも町でも多数で、それ以外にはトタンや板等となります。モルタルの壁というのはセメントと砂石などを練ったモルタル材を職人が壁に塗り、塗料を塗って仕上げるというようなやり方で、サイディングボードが登場するまでは日本家屋の多くをしめていました。最近の大半はサイディングを使った外壁ですが、先立って工場などで製造されたサイディングボードと呼ばれる壁材をくっつけていく形で作り上げていきます。両方とも何年かおきの壁の塗装が必須であるということでは同じになります。

外壁の塗装会社というのは直接営業をしてくるというような印象が幌泉郡えりも町でも浸透しています。ポスティングちらしを配布してくるだけでなく、外壁塗装をすべきですという風にとつぜん玄関先に来るケースもよくあります。どうして直接営業が多いのかというと、それは建物の外壁部分が道路から見えてしまうからです。営業担当者は道を徘徊して、個々の家の外壁部分を確認していって、外壁が老朽化しているところを見つけて訪れるのです。全ての家にやってくるというわけではなく、壁の塗装が必要な所を選んで訪ねてくるのですが、時には、たちの悪い直接営業を行っているようなところもあるので気をつける必要があります。