壁の塗り替えの見積もりが提示された時に見るポイントとして重ね塗りの回数が考えられます。小岩でも通常重ね塗りの回数というのは3回行います。日射があたる南西の方角等、いたみが多いところについては4回施工する事もありますし、劣化が少ない部分については2回となる事も考えられます。重ね塗りを何回するかにより用いる塗料の量も金額も異なりますのでしっかり気をつけましょう。見積もりについては、重ね塗りを何回やるかを確認し、書かれていない時はたずねるのがよいです。不明瞭な答えをしてくる感じのところは、やめた方が良いです。

小岩でも壁の塗装は外観をキレイに保つという意味だけでなく、もともとは住居を防水で守っていくことが役割です。壁は塗膜にて覆い隠すことで保持されているのですが、年月が経つにつれて劣化が進み、はがれたりします。そのような状態になると建物を保全する事がむずかしくなり、土台等の建築物の造りにまで影響する場合もあります。壁の素地が老朽化してから外壁の塗り替えをするということでは遅いので、そういった状況を防ぐためにも定期的な外壁塗装作業が必要です。正しく整備を行う事によって建築物の資産価値も保てるのです。