外壁の色あせが目立ってきたら、外壁の塗装の時機が来ていると思ってください。色がちがっているということは、塗装材の外層が日光等の影響で組織を破壊されているということになります。塗装が取れてしまってきているときも同様になります。もっと老朽化が進むと、外壁を指でさわった際に塗装材が付着します。これらをチョーキング現象と言い、今治市でもこの現象が起きたら外壁の塗り替えの時期と考えてください。

外壁の外側にカビ汚れなどがあると外観がよくないだけにとどまらず、塗装材の劣化が進んでいると判断してください。カビは日影のところにつきやすく、かびを防止する効力が弱い塗装を使用している場合は早い段階であらわれます。建物を建てる時には、費用をカットするために塗装材の品質を落とすといった場合もあり、それらの際には壁の老朽化も早くなります。もっと劣化が進むと、ヒビ等にもつながり、今治市でも修理の費用は大きくなってきますから、早い段階で外壁塗装をする事が必要です。