外壁塗装についてのビラを見てみると10年間保障付きと明記している所も名古屋市瑞穂区ではよくあります。10年間保証なら十分だという人も多いですが、知っておきたいのがその中身になります。ほとんどの場合は保障が効くのは外壁部分のみで、外壁から塗装材がはがれ落ちた場合だけ保証が効きます。とはいえ、壁から塗料がはがれてしまう事はめったなことではありませんし、壁にくらべて剥がれ落ちてしまいやすい鉄部やトタンなどの場所は10年間保障はされず、せめても2,3年前後というような保証の中身のケースが大部分のようです。

外壁塗装の見積もり書が提示されたときに見る項目として、重ね塗りの作業が考えられます。名古屋市瑞穂区でも通常は重ね塗りは3回実施します。日射があたる方向など、いたみが激しい場所については四回施工することもある一方、劣化が少ない部分は二回になる事も考えられます。重ね塗りを何回行うかで使用する塗装材の分量も料金も変わりますのでしっかり気をつけましょう。見積もり書については、重ね塗りを何回施すかを確認し、書かれていないときは質問するようにして下さい。うやむやな答えを返してくるような所は契約しないほうが無難です。