壁の塗装の見積りが提示された際に見るポイントとしては、重ね塗りの工程が考えられます。庭瀬でも通常重ね塗りは3回施工します。とはいえ、日射があたる側など、傷みが厳しい部分というのは四回になることもある一方、日射が当たらない場所については2回になる事もあります。重ね塗りを何回するかにより用いる塗装材の費用も異なってきますのでしっかりとチェックしましょう。見積もり書については、重ね塗りを何回施すかに気をつけ、省かれているときは聞くようにして下さい。適当な答えを返してくる感じの業者は別のところにした方がよいです。

外壁塗装についてのちらしには10年間長期保障しますというように掲載してある所も庭瀬では多いです。10年間保証なら満足だという人も多いですが、知っておきたいのが保証の意味です。ほとんどのケースでは保証の対象となるのは壁のところのみで、壁から塗装が剥がれた場合だけ保障されます。しかしながら、壁から塗装材がはがれ落ちてしまうというような事態はめったにないですし、壁に比べてはがれてしまいやすい木部等のところは十年保証と認められず、長くても3年くらいという保障の中身であるケースが大部分のようです。