外壁塗装のちらしには十年間保証付きというように記述している所もたまプラーザでは少なくありません。十年保証なら大丈夫だというような方もたくさんいますが、注意したいのはその中身です。ほとんどのケースでは認められるのは壁のところのみで、外壁から塗装が剥がれた場合だけ保障の対象となります。しかしながら、外壁から塗装が剥がれ落ちてしまうといった事態はあまりありませんし、壁に比べてとれてしまいやすい木部やトタン等の所は十年保証が効かず、せいぜい数年前後というような保証の内容になっているケースが大部分です。

外壁部分の表層にカビやコケなどが発生すると見かけがまずいことはもちろん、壁の下地が傷んでいると考えていいです。カビやコケは湿気がある部分に発生しやすく、防カビ剤の効き目が弱い塗装を用いている時はすぐにもできてきます。建物を建てる時には、諸費用をおさえるために塗装材の品質を下げるというようなこともあり、そうしたときには塗装材も痛みやすくなります。さらに老朽化が進むと、ヒビ等も生じ、たまプラーザでも修理の料金は大きくなってきますから、すぐにも壁の塗り替えをすることがポイントです。