和光市でも壁の塗装には見かけをよくしておくという目的もあるのですが、本来は家屋を耐水して守っていくというのが役目です。壁の下地というのは塗装の塗膜にて覆い隠すことにより保持されているのですが、年月が経つにつれていたみ、はがれたりしてしまいます。そのようになると建造物を保持する事が困難になって、下地などの建物の造りにまで傷んでいくこともあります。壁の老朽化が進んでから塗り替えをするのでは手遅れですから、そうしたことを回避するためにも一定期間での外壁の塗り替え作業が大切です。しかるべく手入れを行っていく事で住居の値打ちも高まります。

建物の外壁の形態としては、モルタルの壁とサイディングが和光市でも通常で、それら以外にはトタンや板ばりなどになります。モルタル外壁というのは、砂やセメントなどをかき混ぜたモルタル材を左官屋が壁に塗りつけて、塗装をして作るといったやり方で、サイディング材が開発される前は日本家屋の主流でした。近年の多数派はサイディング材を使用した外壁ですが、先に作業場等で作られたサイディングボードと言われる外壁材を貼り付ける形で仕上げていきます。どちらも一定期間での塗り替え作業が必須である点では同じになります。