外壁の塗装を自身で行うことができないかと思案する方もおりますが、あまり推奨はできません。技術がある人なら、やれることもありますが、外壁の色を塗り替えるのみなら独りでもできるといった位の認識ならば、やめておいたほうがよいです。壁の塗装には住居を保護するといった役割も含みます。下地処理のケレン作業で以前の塗装を取ってから、重ね塗りを施して仕上げるといった施工は、なかなかプロでないと歯が立たないです。小田原市でも塗装材代は高価ですし、外見も稚拙になる危険も大きくなります。

外壁の塗装についての見積もりをもらったときに目を通すポイントとして重ね塗りの作業か挙げられます。小田原市でも基本的には重ね塗りの回数は下塗り、中塗り、上塗りの3回作業します。ただ、日光をうける方向等、劣化が激しい部分は四回作業する事もある一方、痛みが少ない場所は2回になる事も考えられます。重ね塗りを何回やるかでつかう塗装材の量も料金も異なりますのでしっかりチェックしておきましょう。見積り書については、重ね塗りを何回行うかをチェックし、記載していない場合は訊ねるようにしましょう。あいまいな返答をしてくる感じの会社は、別の会社にした方が安心です。