建物の壁部分が汚れてきたら、壁の塗り替えの時機が来ていると考えられます。見た目が変わってきているということは塗装材の外側が日光等の影響で組織を破壊されてしまっているという事になります。塗装材がはがれてしまってきている時も同様になります。より劣化すると壁部分を指でふれた時に塗装材が手についてくるようになります。これらをチョーキング現象といい、笠岡市でもこうなったら壁の塗装の時機とされています。

建物の外壁の塗り替えを行う時機というのは、建築してから、もしくは前の壁の塗装からでいうと、通常は笠岡市でもおよそ十年前後です。もちろん、つかっている塗装材等でちがいますが、標準としてそんな感じです。中には、建設の際に質が悪い塗料をつかっていたり、ハナから塗装材 さえも使用してなかったりすることもあって、そういう時には早く壁がいたんでしまうという事もあります。壁の塗り替えというものはクラックなどから守るといった役目もありますので必ず行ってください。