壁の型としてはモルタルやサイディングというのが広島市安芸区でも一般的で、それら以外だと板張りなどとなっています。モルタルは砂石とセメント等を練り混ぜて作ったモルタル材を左官職人が壁に塗って、そこに塗装をして施工するやり方で、サイディング材が登場する前は日本の家屋の大部分をしめていました。現在の大半はサイディング材の壁で、あらかじめ工場等にて作られたサイディングと呼ばれる外壁材を貼るように作り上げていきます。どちらの壁も何年かおきの外壁塗装は不可欠であることでは同じです。

外壁部分に起こりがちな問題には、ヒビ、カビ等がよくあります。ヒビ割れはというと乾燥や家のズレ等がきっかけでおこりますが、多くのケースでは修理は可能です。かび汚れは湿気がある場所にでやすく、塗装材の防かびの効力が弱かったりした時に起こりがちです。すぐにどうにかすべきものではないのですが美観も悪いですし、その状態のまま放っておくと、いたんでしまいますので壁の塗り替えを施すこともありだと思います。塗装の皮膜が剥がれるという事は広島市安芸区でも珍しいですが、多くのケースは塗装の際のミスです。