塗り替えについての見積り書が出された時に目を通すポイントとしては重ね塗りの作業が考えられます。名古屋市中川区でも基本的に重ね塗りというのは下塗りと中塗りと上塗りの三回やります。太陽光があたる南の方角など、老朽化が酷い所は四回施工する事もある一方、傷みが少ない場所は2回となる事もあります。重ね塗りを何回行うかによりつかう塗料の費用もちがってきますのでしっかり気をつけましょう。見積もり書では、これらを何回やるかに気をつけ、省かれている際には質問するようにしてください。うやむやな対応をしてくるところは頼まないほうが賢いです。

壁の塗装を施す際に念入りにしたいのが壁色の決め方になります。さきに塗装の見本で選択する形になりますが、塗装すると想像していた色とちがうように仕上がったというようなことが名古屋市中川区でも珍しくありません。小さいサイズの色見本で見る色の感じと外壁全体に塗られた色とでは印象はちがってくることも多いです。周辺の建築物とのマッチ具合を心に留めることも大切です。基本的に、目立つ色彩を選ぶと時間の経過とともに色の衰えが出てくるので、穏やかな色彩にすると失敗がありません。