吹田市でも外壁塗装というのは外見をきれいに保つ狙いのみでなく、そもそもは家屋を防水で維持するというのが役目です。壁の下地というのは塗装の塗膜にておおうことによって守られているのですが、年月の経過とともに劣化して、割れてきたりしてしまいます。そのような感じになってくると建造物を保護することができなくなって、下地等の家の構造まで傷ついていくことも考えられます。壁の素地が傷んでから外壁の塗装をするということではどうしようもないので、そうした状態を免れるために早めの壁の塗り替え作業が不可欠です。然るべくメンテナンスをしていくことによって建築物の価値も高くなります。

壁のタイプはモルタルの壁とサイディングボードが吹田市でも一般的で、そのほかだとトタンや板等です。モルタルの壁は、セメントと砂石等を練り混ぜて作ったモルタル材を職人さんが壁に塗り、その上に塗装をして作り上げるというやり方で、サイディングがでてくるまでは日本の家の多数をしめていました。近年のほとんどはサイディングボードをつかった壁になり、さきに加工場等で生産されたサイディング材と言われる外壁材をくっつけていくように施工します。どちらの壁も何年かごとの外壁塗装が必要である点では変わりません。