五條市でも塗り替えには外見をかっこよく保つといった目的はもちろん、元々は建物を耐水して保護することがねらいとなります。外壁というのは塗装の皮膜にて覆うことで保護されているのですが、時間が経つと老朽化が進み、ヒビが発生したりしてしまいます。そのような感じになると家屋を保全することが困難になり、土台等の建築物の構造にまで傷んでいく可能性がでできます。壁の下地の老朽化が進んでから壁の塗り替えを行うのでは手遅れですから、そのような状態を防止するためにも早めの外壁塗装作業が必要です。きちっと整備を行うことによって家屋の寿命も長くなってきます。

壁の型としては、モルタル外壁やサイディングが五條市でも普通で、ほかだと板張りなどがあります。モルタル外壁はセメントと砂等を混ぜたモルタルを左官職人が塗って、そこに塗装をして施工するといった工法で、サイディング材が開発されるまでは日本の家の大部分をしめていました。このごろの大部分はサイディングボードを利用した壁になり、先立って加工場などで作り出されたサイディングと言われる壁材を貼り合わせるように仕上げていきます。いずれの壁も何年かごとの外壁の塗装は必須である点では同様になります。