外壁の塗り替え業者というと直接営業がやっかいだといった感じが公津の杜でも持たれています。ポスティングちらしを配ってくることもありますが、外壁の塗り替えをしてくださいという感じで直接訪れることも増えています。どういうわけで訪問営業をするのでしょう。壁部分が見えてしまうからです。業者は、町を歩き、一つずつ家の壁を調査していき、壁が傷んでいるところを選択してやってくるというわけです。順番に回って現れるというわけではなく、壁の塗り替えをするべき所を見つけて訪問しているのですが、中には、面倒な飛び込み営業を行う会社もあるため注意しなくてはなりません。

持ち家の壁の塗装をお願いするタイミングは、家ができてから、または前の外壁の塗装からの年数でいうと、普通は公津の杜でも十年くらいになります。使用している塗装材などによって差はでますが、だいたいその程度になります。時には、建築時に質が悪い塗装材 をつかっていたり、塗装材 をつかっていないようなこともあって、その時は早く外壁部分が傷ついてしまうという事もあります。外壁の塗装というものはひびなどから守るといった役割もありますので、必ずやるようにしてください。