建物の壁のタイプではモルタルの壁やサイディング材というのが初台でも多く使われ、それら以外だとトタンや板ばり等となります。モルタルの壁はセメントと砂石などを練り合わせたモルタルを左官職人が壁に塗りつけて、さらに塗装して完成させるというやり方で、サイディング材がでてくる前は日本の家屋の主流でした。このごろの大半はサイディングを用いた壁で、先に工場等にてつくられたサイディングと言われる外壁材をくっつけていくように完成させていきます。どちらの壁も周期的な外壁塗装作業は欠かせないということでは変わりません。

外壁の塗装会社というのはいきなりセールスしてきてたちが悪いというような印象をかかえる人が初台でも多数いるようです。なかには、執拗な戸別営業を行う会社もあるので注意しなくてはなりませんが、壁を調査して壁の塗り替えが必要だと診断して訪問している業者もいるようです。実際に壁の痛みを何もしないでいると家というのは早めに傷ついてしまいますし、周期的な外壁塗装作業は必要です。見栄えを美しく保つねらい以外にも、家を維持するためにも壁の塗り替え作業は重要であるということをしっかりと心得ておくことも持ち家オーナーとしては大事です。