壁の塗り替え業者は直接営業をしてくるといったイメージが鴨川市でも持たれています。広告ビラを配ることもありますが、壁の塗装をすべきですといったように直接玄関先にやってくるケースも多いと思います。なぜ直接営業をするのかというと、それは外壁が道から丸見えだからです。業者は、道路をさまよい、戸別に家の外壁を見ていき、外壁が古くなっていたりする家を探してたずねてくるというわけです。無作為に営業してくるというわけではなく、塗り替えをすべきな家を選択してセールスしてくるのですが、時には、やっかいな戸別営業を行う業者もあるので気をつける必要があります。

外壁の塗装の見積もりを出してもらった際に注視しておく観点としては重ね塗りの作業が考えられます。鴨川市でも通常重ね塗りの回数というのは上塗り、中塗り、下塗りの3回行います。日光があたる側など、劣化が酷い所は4回実施する事もありますし、日光が当たらない場所は二回になる事も考えられます。重ね塗りの回数によってつかう塗装材の分量も代金も変わりますのできっちりと気をつけましょう。見積りでは、これらを何回行うかをチェックし、書いていないときは伺ってみるようにしてください。適当な受け答えをしてくるような会社は、別の業者にした方が賢いです。