見積もりの際にチェックする点としては下地調整を行うケレン作業か挙げられます。前の塗装を除いて外壁の状態を整えておくもので、これを省くと新規の塗装材がきちんと機能を果たせなかったり、すぐにもとれてしまったりします。上戸手でも、下地処理をするケレン作業は手間が必要なため、この施工をやらないでおく所も存在するので注意しましょう。完成までの日程がとても早かったり、費用がものすごく安いときは、この工程のありなしを確認しましょう。記述がない際には聞いてみるようにしてください。

壁の塗り替え会社というのは訪問営業がしつこいというような感じが上戸手でも一般的です。ポスティング広告ビラを入れてくることもありますが、外壁の塗り替えをしてくださいといったように突然やってくるケースもよくあります。何ゆえに戸別営業をしてくるのでしょうか。壁が外から丸見えだからです。業者の営業は、街を散策して、ひとつひとつ外壁部分を吟味していき、壁部分が傷ついているところを選んであらわれるのです。闇雲に営業をかけているのではなく、壁の塗装をすべきなところを探して営業してくるのですが、中には、迷惑な飛び込み営業を行うような会社もあるので注意しましょう。