見積もりの際に注視しておく観点としては下地処理をするケレン作業か挙げられます。今の塗装を落として壁の具合を調整するもので、これらの施工を飛ばしてしまうと、新規の塗装材がしっかりと機能しなかったり、早期に剥がれたりします。笹塚でも、下地調整のケレン作業は手間と時間がかかってくるため、中には、これらの工程をやらないで済ます所もあるので注意を払うことが必要です。施工日程がすごく早かったり、金額がとても格安な際には、この施工を行うかを確認しておきましょう。書かれていないときは聞くようにしましょう。

外壁の塗装をする時に注意しておきたいのが壁色選びです。先立って塗装材のサンプルにて決める形になりますが、塗装されると考えていた色と異なった風にでき上がってしまったということが笹塚でも珍しくありません。どうしても小さいサイズの色サンプルの色の雰囲気と壁すべてに塗装されたものとでは印象は異なってしまうことも珍しくありません。周囲の建築物とのフィット具合を考える事も大切になります。基本的に、鮮明な色だと年月が経つと劣化が目立ってきますので、上品な色を選択すると失敗が少なくなります。