壁の塗り替え会社というのは急に訪問してきてしつこいといった印象を抱く人が文京区でも多いです。中には、うんざりする飛び込み営業をしてくる悪徳業者もあるので注意を払わなくてはなりませんが、壁を吟味して壁の塗装が必要だと考えて訪ねてくる業者もいるようです。実際に、外壁のいたみをほったらかしておくと建築物というのは早期に老朽化してしまいますし、定期的な外壁塗装は必要です。美観をきれいにするといった効果もありますが、建造物を保護するためにも外壁の塗装は重要であるということをきちっと承知しておくことも家主としては重要です。

外壁部分に汚れが目立ってきたら壁の塗装の時期だと判断していいです。色がおとろえているのは、塗膜の表層が酸性雨などにより樹脂層が離脱しているということです。部分的に塗装が剥脱している時も同様になります。もっといたむと、壁を手で接した時に塗料がつきます。このことを塗装の白亜化といい、文京区でもこうなったら外壁塗装の時期とされています。