壁の塗り替えについてのちらしを見てみると10年間保障というように書かれている所もさいたま市西区では多いようです。十年保証ならありがたいというような方も少なくないですが、チェックしておきたいのが保証の内容です。たいていのケースでは保証が認められるのは外壁のところのみで、外壁から塗料がはがれてしまった時だけ保障が効きます。そうは言っても、外壁から塗装がはがれるといった事はそうそうないですし、壁よりはがれてしまいやすい木部などといった箇所は十年間保障の対象とならず、長くても3年くらいという保障の内容になっていることが多くなっています。

家の外壁のタイプとしてはモルタルやサイディングがさいたま市西区でもたくさん使われ、その他にはトタンや板ばりなどがあります。モルタルというのは砂とセメント等をかき混ぜたモルタルを職人さんが壁につけて、その上に塗料を塗って仕上げるというやり方で、サイディングボードが現れる前は多数派でした。このごろの大半はサイディングボードを使用した壁となり、先立って作業場などで作成されたサイディングと言われる壁材を貼っていく形で作っていきます。どちらも何年かおきの外壁の塗装作業は欠かせないということでは同じです。