見積もりの際にチェックしておく観点としては下地処理を行うケレン作業か挙げられます。元の塗装材の膜を落として壁の具合を整えておく施工で、これらの工程を飛ばすと、新規の塗料がきっちり効果を出せなかったり、短い年数で落ちてしまったりしてしまいます。飛騨市でも、下地調整を行うケレン作業は時間がかかってくるので、なかには、これを省く所もあるようなので注意してください。作業日程がかなり短かったり、代金がすごく安価だったりする時は、下地処理をするケレン作業を行うかを見ておきましょう。省略されている時は伺ってみるようにしてください。

建物の壁に汚れが目立ってきたら壁の塗装の時機が来ていると思って大丈夫です。見かけが劣化しているということは、塗装材が太陽光等により組織が離脱してしまっているということです。塗装材が剥がれてきている時も同様です。さらに老朽化が進むと外壁部分をさわった時に塗装が手につきます。このことをチョーキングと呼び、飛騨市でもこのようになったら壁の塗り替えの時期と判断できます。