壁の塗装についての見積りが出された際に見る箇所としては重ね塗りの作業か挙げられます。耶麻郡猪苗代町でも基本的には重ね塗りの回数は3回施工します。日射をうける南西の方角など、傷みがひどい場所については四回やることもある一方、太陽光が当たらない部分については二回になることもあります。重ね塗りを何回施すかによって使う塗装材の分量も金額も変わってきますのできっちり気をつけましょう。見積り書では、これらを何回施すかに気をつけ、書いていない時は質問をぶつけてみるようにして下さい。適当な対応をしてくるような会社は頼まないほうが良いです。

建物の外壁の型はモルタルやサイディングボードというのが耶麻郡猪苗代町でも多数で、ほかだとトタンなどになります。モルタルは、セメントや砂などを混ぜ合わせたモルタル材を左官屋さんがつけて、さらに塗装材を塗って作るというやり方で、サイディングが現れる以前はほとんどをしめていました。近年の大半はサイディング材をつかった外壁ですが、あらかじめ工場などで作成されたサイディングボードという壁材を貼り付けるように施工します。いずれの壁も何年かおきの外壁の塗り替え作業が重要であることでは変わりはありません。