家の壁の形ではモルタルとサイディングが石川郡古殿町でも通常で、それ以外にはトタンなどがあります。モルタルの壁というのは、セメントと砂などを練り合わせて作ったモルタル材を左官職人が塗って、そこに塗装して作り上げるというようなやり方で、サイディング材が普及する前は日本家屋の多数派でした。このごろの主流はサイディング材を利用した壁となり、先立って工場などにて生産されたサイディングボードという外壁材を貼っていく形で作っていきます。いずれの壁も一定期間での塗り替え作業が不可欠であることでは変わりはありません。

外壁の塗装をする時機というのは、家を建ててから、または前の外壁の塗装からの年数でいうと、通常、石川郡古殿町でもおよそ十年前後になります。塗料などによって差はでますが、相場としてその程度です。なかには、新築のときに安価な塗装材 をつかっていたり、ハナから塗料そのものを使用していない事もあって、そのときはすぐに壁部分がいたんでしまうといったことも多いです。外壁塗装というものはひび割れ等を防止するといった役割もあるので、必ずやってください。