壁のタイプとしてはモルタルやサイディングボードが千葉市稲毛区でも多く、他には板張り等になります。モルタルの壁は砂石とセメントなどを混ぜたモルタル材を職人さんが塗りつけて、塗装材を塗って仕上げるというやり方で、サイディング材が開発されるまでは日本家屋の多くをしめていました。このごろのほとんどはサイディングボードを使用した外壁で、あらかじめ工場などで生産されたサイディングボードと言われる壁材を貼っていくように完成させていきます。いずれも周期的な壁の塗装が不可欠であるという点では同様です。

外壁の塗り替え会社というと戸別営業が少なくないという感じが千葉市稲毛区でも持たれています。広告ちらしを配ることもありますが、外壁の塗り替えを安くしますよという感じに直接セールスしてくることも増えています。何故戸別営業をしてくるのでしょうか。そのわけは家の壁部分が丸見えだからです。セールス担当者は、街を歩き、一軒ずつ建物の外壁部分を調査していって、壁部分が古くなっている家を見つけたら訪問しているというわけです。手当たり次第におとずれるというわけではなく、壁の塗装をすべき家を選択してたずねてくるのですが、なかには、行き過ぎた戸別営業をしてくるような業者もあるので注意を払わなくてはなりません。