建物の外壁の型では、モルタル外壁やサイディングというのが新河岸でも通常で、ほかにはトタンや板などがあります。モルタル外壁はセメントと砂などを練り合わせて作ったモルタル材を左官屋さんが塗って、その上に塗装材を塗って作り上げるというような方法でサイディングボードが出てくる以前は日本の家屋の多数派でした。この頃のほとんどはサイディングを使った外壁で、先立って加工場等で作成されたサイディング材という壁材を貼り合わせる形で施工していきます。どちらの壁も一定期間での外壁の塗装が欠かせないという点では違いはないです。

壁の塗装の見積もりを業者にしてもらう時は個々の会社にやってもらうのではなく、インターネットと携帯から使用できるたくさんの会社にて一括して見積りをくれるサービスを使用するのが新河岸でも一般的になりつつあります。個別に頼むと相手は専任スタッフですし、ほかの業者にも見積りを依頼したくても決めさせられてしまうケースもあり、別の業者と比較しないと見積りが正しい費用なのかどうかも判断できません。飛び込み営業をしてくる業界だけあり、業者側も仕事を決めようと全力ですし、有利にすすめることは難しいです。複数会社にて一括して作業見積りを送ってもらえるサービスであれば、別の業者との競い合いという事をわかっていますから、面倒な交渉なしで最初から安い値段の見積り額を出してきます。